インターネットで四街道市を調べていたら毎日新聞の記事を見つけたので引用させて頂きます。

東日本大震災で被災をした南相馬氏の仮設住宅に野菜を届ける活動を行ってる、アオギリの会のみなさま。今年の一月で62回目も送っています。

 毎月11日には、街頭での募金活動も行っているそうです。

このアオギリの会は、地元商工会や校長会など計66団体が参加する。毎年、四街道市の「平和と文化のつどい」を開くのが主な活動で、南相馬への支援は有志約20人が取り組んでいる。

資金は募金で集め、野菜は協力を申し出た県内の農家から安価で購入をしたり、譲ってもらって調達をする。毎月、日帰りで往復8時間をかけて通い、年末には仮設でもちつき大会も開いている。

この記事を読んだ時に、私のふるさと四街道市が益々好きになりました。

ボランティアの活動で南相馬市まで日帰りで往復8時間をかける。

並大抵な事ではありません・・・

11日にでも募金が出来たらしたいと思います。

この記事を読み、このサイトも多くの方に役に立てるように頑張っていきたいと改めて強く思いました。

四街道