千葉内陸バス(千葉県四街道市)は羽田空港やJR東京駅へ向かう高速バスで無料の公衆無線LANのWi―Fi(ワイファイ)サービスを16日から始める。ビジネス客から移動中の安定した通信環境を求める声があったため、利便性を高めて乗客増につなげる。

高速バスは乗り換えなしで確実に座って移動したいビジネス客を中心に利用が好調だ。ワイファイを導入するのは千葉県四街道市の千代田団地からJR四街道駅や稲毛駅を経由して羽田空港に向かう便と、千葉県佐倉市のニュータウン「ユーカリが丘」から東京駅などへ向かう便の2路線。

ツイッターなどの交流サイト(SNS)のアカウントなどを入力すると無料で使える仕組み。日本語のほか、英語や中国語など計6言語に対応する。訪日客の利用も増やす考えだ。

日本経済新聞