平成28年7月、千葉県佐倉市内で四街道市大日の無職、栗田容さん当時(53)が複数人から暴行を受け死亡したとされる事件の初公判。

傷害致死の罪に問われたトラック運転手、和田淳被告(48)=栄町=の裁判員裁判初公判が4日、千葉地裁(松本圭史裁判長)で開かれ、和田被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

起訴状などによると、大月裕如(47)=同罪で起訴、帯金勝彦(55)=同=両被告ら8人と共謀し同年7月24日午前0時ごろから同30分ごろまでの間、同市上志津の駐車場などで、栗田さんに全身を多数回にわたり殴る蹴るなどの暴行を加え、同2時ごろ、同市内の病院で栗田さんを多発外傷による出血性ショックで死亡。

検察側の冒頭陳述によると、暴力団組員だった栗田さんらは居酒屋で仲間3人と酒を飲んでいるうちに、右翼団体「潔心塾」構成員の大月被告が「迷惑を掛けている」との話になり、大月被告に電話をかけてやめるよう話したがまとまらなかった。

栗田さんら4人は大月被告の自宅に向かったが、大月被告は友人・知人に次々と電話をかけて自宅に呼び寄せており、つかみ合いになり話はまとまらず、大月被告は仲間に頼み、右翼団体創設者で顧問の帯金被告を呼んだ。

検察側は「帯金被告が栗田さんに殴りかかり、和田被告らは暗黙のうちに互いに意思を通じ暴力を振るった」と述べた。

弁護側は冒頭陳述で「大月被告は暴力団員が乗り込んで来ると思い、片端から仲間に電話した。和田被告は事情が飲み込めないまま、話し合いのための人数合わせとして呼ばれた」とし「栗田さんが話し合いのために来ていた帯金被告に暴力を振るったのがきっかけ。和田被告は栗田さんの反撃を受け、突発的に3~4回殴っただけ」と主張した。

千葉日報