昨年12月から地元の社会福祉協議会と協力して、家庭総合の授業で「子育てサロン」という取り組みを始めました。

実際に小さな子供を持つ親に来ていただき、生徒と子供がふれあう機会を作っています。手遊びや絵本の読み聞かせなどを通じて、生徒たちは子育ての難しさや喜びなどを学びます。2020年度からは本校に保育基礎コースが設置されるので、この取り組みが参考になればと考えています。

地域活動の一環として、12年ごろから年に数回、クッキング部の部員たちが市内のレストランに出向いて料理を提供しています。とても評判が良く、ほとんどは予約で埋まります。メニューやパンフレットは自分たちで考えており、外部から料理の講師を招いて調理法を学んでいます。

将来プロの料理人になるため、専門学校に進学する生徒もいます。

毎日新聞