無罪判決

千葉県四街道市の無職、栗田容さん=当時(53)=が殴る蹴るの暴行を受け死亡した事件。

傷害致死罪に問われた佐倉市の男性(43)ら男性3人に対する判決公判が29日、松本圭史裁判長は「被告人らの供述は信用性に乏しく、暴行を加えたとは認められない」3人に無罪判決を言い渡した。

産経新聞

管理人からひと言

暴力は何も生まないし、今回のように最悪の場合は死が訪れる。

殺すつもりがなくても、相手を押したりして相手が倒れた拍子に打ちどころが悪かったりすれば死んでしまう。

死んでしまえば、その方は一生戻ることはないでしょう。

人間は話し合うことが出来る、手を出す前にとことん話し合ってそれでもお互いが納得がいかなければ第三者を介入し、話し合えば良いのではないでしょうか?

それでも話がまとまらなけければ、お互いお金と時間をかけて裁判でもやれば良いと思う。

暴力を美化する方がいるならば、もっと命の大切さを分かってほしいですね。